Open call for Artists: 第1回 ECA展

絵画立体関東〆2023年1月

ひとつの概念や過去の常識に縛られることなく、新しい価値を創造していく表現の場として、現代アートの普遍的な要素でもあるコンセプチュアルアートにフォーカスした作品を募集します。
NFTの登場も加え空前の現代アートの消費活動が行われる中(※1)、一方で地球規模の危機や環境問題、不安定な経済等が混沌とし、今までの常識は変わろうとしています。本展は、このような時代だからこそ、スタイルや形式に捉われないコンセプチュアルアートにフォーカスし、アーティストの新しい創出の機会ではないかと考えます。
この芸術の呼びかけには、唯一の条件コンセプチュアルアートであれば、特定のテーマはありません。2平方メートルの空間の中で作品を展示ください。(※2)

※1 会場内で作品の売買はできません。
※2「出展要項の作品や展示に関する注意事項」をよくお読みください。

応募締め切り

2023年01月31日(火)

概要

募集内容

未発表の2平方メートル(高さ 壁面:最大で4m 以内/ 壁面以外:台座を含め2m 以内)の空間に展示可能なコンセプチュアルアート作品

※公式ホームページ内の出展要項をよくお読みください。
※搬入・搬出の際、搬入口のエレベーターに乗せることができ、かつ作品を会場まで移動できるようにお願いいたします。

特典

選ばれたファイナリストは、東京都美術館 ギャラリーAで作品を展示できます。
プロのカメラマンによる撮影による図録制作、またWebサイトによりアーカイブされます。
図録1 冊進呈、招待状20 枚、出展証明書発行

主催団体

一般社団法人イヴォルブアート&デザインジャパン

公式ホームページ

タイトルとURLをコピーしました