第10回「ドローイングとは何か」展

主旨:本展はドローイングという表現領域の新たな可能性を探り、優れたドローイング作家を見出すことを目的とした全国公募展です。
鉛筆画、ペン画、ボールペン画、墨、木炭などの線描画を主体としています。

応募締め切り

2021年11月3日(水)

概要

応募資格

年齢、国籍、経歴不問                              

作品規定

  1. 具象・抽象を問わず
  2. 鉛筆、ペン、ボールペン、墨、木炭、線画等による作品
  3. 約50号(約116×91cm)以内の平面作品
  4. 他の公募展等で入賞入選をしていない作品
  5. 応募点数:1人3点まで

応募期限

2021年11月3日(水)必着(持ち込み可19:00迄)

応募料

5,000円(1点)、8,000円(2点)、10,000円(3点)

*払込期限・・・2021年11月2日(火)(持ち込みは11月3日(水)19時まで)

審査員

金澤 毅(美術評論家)
中林忠良(版画家・東京藝術大学名誉教授)
真室佳武(東京都美術館館長)

  • 大 賞…1点(副賞10万円および実行委員会主催の個展開催(於:ギャルリ―志門/銀座)
  • 準大賞…2点(副賞3万円および実行委員会主催の二人展開催)
  • 特別奨励賞…1点(賞状、入賞・入選作品展出品・カタログ掲載)
  • 入 選…約35点(入賞・入選作品展出品・カタログ掲載)

※ 入賞・入選作品は東京都美術館に展示されます。

展覧会

  • 展覧会名:第10回「ドローイングとは何か」入賞・入選作品展
  • 会期・・・2022年1月19日(水)-1月26日(水)
  • 会場・・・東京都美術館 ギャラリーB
  • 主催・・・「ドローイングとは何か」展開催実行委員会

※過去大賞受賞作家9名:同時展示
※ゲスト作家5名:多賀 新、十時好孝、元田久治、三塩佳晴、吉村芳生

応募方法

第1次審査

下記書類を事務局に郵送して下さい。(持込可)

  1. 作品応募申込書①(必要事項をご記入ください。)
  2. 振り込み受領書のコピー(作品応募申込書①に貼り付けてください。)
  3. 作品の写真(A4サイズ)(写真の裏に作品票を貼り付けてください。)
    ※全体図のほかに作品部分の拡大写真の添付も可。
  4. 1次審査通知書(作品応募申込書①から切り取り63円切手を貼って下さい。)
  5. 簡単なプロフィール(別紙にて各自ご用意ください。A4サイズ)
応募先

〒104-0061
東京都中央区銀座6-13-7 新保ビル3F
「ドローイングとは何か」展開催実行委員会事務局

応募締切

2021年11月3日(水)必着 (持ち込みは19時迄)

審査結果

郵送にて通知(入選者には事務局から直接連絡します。)
※応募資料の返却は受け付けておりません。予めご了承ください。

第2次審査

1次審査を通過した入選作家は、期限までに事務局宛てに作品を搬入して下さい。
作品搬入期限…2021年11月9日(火)必着

※その他、くわしくは公式サイトをご覧ください。

主催団体

「ドローイングとは何か」展開催実行委員会

公式ホームページ