富山デザインコンペティション2022

富山デザインコンペティションは、1994年に全国初の「商品化」を前提としたデザインコンペとしてスタートし、これまでたくさんのヒット商品を生み出してきました。また、ここから多くのデザイナーが巣立っていきました。
2019年度からは、「プロダクトデザイン」に加え「プロジェクトプラン」も募集対象となり、モノだけにとどまらない「コト」の創出を目指す提案も本コンペティションから数多く生まれています。
2022年も引き続き、県内企業から課題を募集し、それをもとに募集テーマを設定。またファイナリスト(1次審査通過者)へのサポート体制の強化として、「デザインメンタリング」を今年も実施します。富山デザインコンペティションは、クリエイターと企業の「出会いの場」を創出し、商品化、プロジェクト化に向けた取り組みを実践します。

応募締め切り

2022年8月19日(金) 17:00まで

概要

募集内容

リアリティあるデザインプロジェクトの創出をめざし、「県内企業が抱える3つの課題」を基に、募集テーマを設定

募集テーマ

  • テーマA:くらしをつなぐ/株式会社米三
  • テーマB:プラスチックをいかす/株式会社タカギセイコー
  • テーマC:孔(あな)をあける/株式会社クリエイトダイス

 応募対象

●商品(モノのデザイン):量産可能なプロダクト製品
または
●プロジェクトプラン(コトのデザイン):近い将来に実現可能と予想されるプロジェクトのプランニング

※作品は国内外で未発表のものに限ります。

応募資格

個人・グループ、団体あるいは企業であって、年齢、職業、国籍は問いません。
(ただし、日本語でのコミュニケーションが可能であること)
ファイナリスト(1次審査通過者)となった場合、富山県で開催するデザインメンタリング及び最終審査に必ず出席できること。
(デザインメンタリング、最終審査の開催日はスケジュールのとおり。)

※今後の新型コロナウイルス感染症拡大状況により、急遽、実施内容が変更になる場合があります。
※ファイナリストの交通費、宿泊費は、主催者が負担します。ただし、海外からの旅費は負担できません。また、グループの場合は、1名分のみ負担します。

コンペの日程

8月19日 応募締切(17:00まで)
9月中旬 一次審査
9月30日 or 10月7日 デザインメンタリング
11月9日 最終審査(翌日、授賞式)

グランプリ 1点(副賞50万円)
準グランプリ 1点(副賞30万円)
審査員特別賞 1点(副賞10万円)

参加方法

応募フォーム(外部サイト)より、必要な情報を入力し、作品シート(PDFデータ)をアップロードしてください。
詳細については下記Webサイトをご確認ください。
https://dw.toyamadesign.jp/compe-list/

お問い合わせ先

デザインウエーブ開催委員会事務局
〒939-1119 富山県高岡市オフィスパーク5番地 富山県総合デザインセンター内
TEL:0766-62-0510
e-mail:dw@toyamadesign.jp

主催団体

デザインウエーブ開催委員会

公式ホームページ