Center line art festival Tokyo 中央線芸術祭 2022 スペースシェアリングプログラム

2022年10月1日から30日間の会期で行われるCenter line art festival Tokyo は、JR中央線の中野駅〜武蔵小金井駅区間を跨ぐ総合アートフェスティバルです。会期中は各会場にて絵画、造形、映像、インスタレーション、トーク、ワークショップ、パフォーマンスなど多彩なプログラムが催されます。
開催プログラムの一つである、公募作家複数名による展示空間の共有をテーマとした「スペースシェアリングプログラム」に参加するアーティストを募集します。

作品を創り、作品を介して空間と時間を共有する。
作品発表の場としてはもとより、創作の新たな発想へと繋がる「スペースシェアリングプログラム」に是非ご参加ください。
​ご応募お待ちしております。

応募締め切り

2022年6月6日(月)

概要

スペースシェアリングプログラム2022 概要

会期

2022年10月5日(水)〜10月9日(日)(全日11時〜18時を予定)
※新型コロナウイルスの感染拡大などにより、日程・内容が変更になる場合がございます

搬入日

2022年10月4日(火)10時〜17時

搬出日

2022年10月10日(月・祝)10時〜17時

会場

KOGANEI ART SPOTシャトー2F ギャラリー 
東京都小金井市本町 6-5-3シャトー小金井 2F(JR中央線武蔵小金井駅南口から徒歩5分)
※会場図面は公式ホームページにてご覧になれます

募集要項

募集数

4〜8名(団体)

出品料 

10,000円(1名/1団体・税込)
※支払い方法および期日は、選考終了後、採択された方にご連絡いたします

作品について

  1. 本人の創作作品であり、公募展未発表のもの
  2. 他者の知的財産権を侵害しないもの
  3. 1.および2.の項目に抵触した場合には、展示・上演を取り消すこととする
  4. 2.の項目によって問題が発生した場合、すべての責任は応募者本人が負うものとする

応募条件 

  1. 20歳以上、性別・国籍不問 ただし日本語でのコミュニケーションが可能な方
  2. 個人、または団体(上限3名まで)での参加も可
  3. 作品の発表を2年以上続けている方(学生は学内での発表も可とする)
  4. 対象となる活動は、平面・立体作品、メディアアート・インスタレーション、身体表現全般、朗読などによる言語表現、その他全ての媒体を含むアート作品
    (平面・立体作品に関しては作品のサイズ等によって展示数が限られる場合があります。また、メディアアート・インスタレーションも展示サイズに制限を設ける場合があります。パフォーマンス等、実演による作品の上演時間は原則20分以内とします)
  5. 中央線芸術祭実行委員会の定める、参加アーティストミーティングに出席できること
    (ミーティングは予定調整のうえ9月に2回開催を予定。初回に会場の下見も行います)
  6. 搬入・設置および、撤収・搬出を参加者本人によって行うことができること
  7. 展示会期中、展示会場に在廊することが可能であること(全日でなくとも可)
  8. 遠方からの応募の場合、ミーティング・搬入および搬出・在廊にかかる交通滞在費は実費負担となります
  9. 募集要項に記載された事項に同意できる方

応募書類

下記情報を公式ホームページの応募フォームよりオンラインで提出してください。

  1. 基本情報 作家名またはユニット名、年齢、学歴、住所、メールアドレス、電話番号、作品の種類
  2. プロフィール300字程度(作家としての活動歴、展示・上演等の発表歴、受賞歴等)
  3. ポートフォリオ(作品写真および顔写真)
    ※プロフィールおよび顔写真はフェスティバル全体チラシ、ウェブサイト掲載用となります。(採択後)
  4. 実際に展示される内容詳細(予定でも可)・実演等の場合過去作品映像のURL
  5. 過去に掲載された記事等

提供内容

  • 展示会場となるスペースの提供(複数個人・団体の共有による)
  • 実演を含む場合は簡易音響、簡易照明機器を提供
  • フェスティバル全体チラシへの掲載、別途プログラムDMの作成等による広報、およびネット広報、プレスリリース等
  • 次年度以降のフェスティバル開催にあたり、協議により作品発表の機会を提供

選考に関して

応募者多数の場合は中央線芸術祭実行委員会による選考となります

応募締切

2022年6月6日(月)

結果

  • 6月10日(金)にClafTオフィシャルサイトにて発表
  • メールにて連絡

※選考に関しての問い合わせや、意義申し立てには応じません

著作権の取り扱いについて

  • 応募者自身が作品の著作権を有し、共同制作者がいる場合は必ず許諾を得てください
  • 作品中に使用される他者の美術、映像、写真、音楽等については、必ず著作権者の許諾を得た上で応募してください 仮に第三者から権利侵害、損害賠償等の主張がなされた場合、応募者が自らの責任で対処することとし、主催者は一切の責任を負いません
  • 個人情報保護法に基づき、いただいた個人情報は本展業務以外で使用いたしません

主催団体

Co-production of art Works-M

公式ホームページ