“トリエンナーレ2022”国際切り絵コンクール in 身延 ジャパン

日本では唯一の「切り絵美術」に係る国際コンクール。

3年に一度開催する”トリエンナーレ”形式、第1回は2013年に開催され、今回は3日目。
これまで2回は、それぞれ世界13か国から300点を超える作品が応募。

審査、表彰式、入選作品の展覧会等一連の会場は、山梨県に所在する「富士川・切り絵の森美術館」となる。
富士川・切り絵の森美術館は日本では珍しい切り絵美術専門の総合美術館。

コンクールの審査は6人の専門家により行われ、審査委員長は東京芸術大学名誉教授の保科豊巳氏。
グランプリには30万円とトロフィーが授与される。

応募締め切り

令和4年(2022年)5月31日(火)必着

概要

公募ジャンル

「切り絵」

公募テーマ

特に設定しない

公募作品規定

作品のサイズ

大きさ:B2(51.5㎝×72.8㎝)以内(額装前)
厚さ:15㎝以内(額装前)

出品点数

一人1点

出品料金

3,000円

作品の形態

  • 作品は額装済みのものに限る
  • ガラスは使用不可、アクリルのみ
  • 作品はマットに固定すること
  • 額の裏面に吊り具と紐添付のこと
  • 海外からの場合、原画のみでOK

作品の応募締め切りと搬入期間

  • 作品の郵送による搬入期間
    令和4年(2022年)5月1日~5月31日まで
  • 作品を直接搬入する場合
    令和4年5月28日(土)・29日(日)2日間

応募作品の搬入先

富士川・切り絵の森美術館
〒409-2522 山梨県南巨摩郡身延町下山1597

Tel:0556-62-4500・0556-62-4111
Fax:0556-62-4115

作品に添付する書類等様式

  • 出品票・出品申込書(様式1):裏面には出品料金払込所のコピーを添付
  • 出品者証兼出品受付証(様式2)
  • 出品カード(様式3):額装済み作品の左上に剥がれないように貼付
  • 審査結果通知用の返信用封筒:84円切手を添付、本人住所、氏名記入

作品の審査

令和4年7月上旬

入賞・入選作品の表彰と特別展示

  • 入賞・入選作品の表彰式:令和4年8月6日(土)
  • 公募入選作品特別展:令和4年8月6日(土)~11月27日(日)

主催団体

国際切り絵コンクール実行委員会

公式ホームページ