新院展

新日本美術院(新院展と略称します)は、昭和43年(1968年)に、義江清司を会長に選び、美術団体における権威主義を排し、自由な芸術創作活動を助成し、かつ、海外にての美術展をも企画して、これを行い、各国の美術家との相互理解を深め美術文化の高揚をはかる目的で、創立されました。

創立時に、新院展は、「日本美術院より一歩前進し、今日に至るまで、一貫して変わることなく今回第53回を迎えるにいたっています。

新院展は、国際芸術交流を展開する場として、国際公募展として開催し、広く国際的に作品を募集しています。いままでに韓国、台湾、アメリカ、キューバなどからの公募の実績があります。

新院展は、在野のアーティストを発掘し、育てるという点に力点をおいて、芸術の底辺を拡大することにも力を注いでおり、いままでに多くの有能な作家を世に送り出し、公募団体に相応しい活動を展開しており、今後も続けていく所存です。

年間の活動は、「新院展」本展を核として、他に、地方展として活発に、全国規模の芸術活動を行っております。新日本美術院は、青森支部をはじめ、山形、千葉、北陸、石川、輪島、福井、広島、九州、韓国に10支部を設けています。

応募締め切り

募集期間

2021年6月1日(火)〜7月7日(水)

概要

2021年 第53回 国際公募 新院展

  • 日程
    2021年8月23日(月)〜30日(月)
  • 時間
    9:30〜17:30(入場16:30まで、最終日は14:00閉場)
  • 会場
    上野公園・東京都美術館2回第3展示室

出品規定

公募作品

日本画(水墨画・墨彩画)/洋画(水彩画・版画を含む)/彫刻/工芸/書/写真の6部門
※未発表作品に限る

出品申し込み

2021年6月1日(火)〜7月7日(水)必着
見開き応募用紙に必要事項を記入し、「一般社団法人 新日本美術院 総本部事務局」に送る。

サイズ、出品料

会友・一般
  • 日本画洋画(3点300号以内)
    • 10号〜60号未満
      :1点・¥8,000、2点・¥11,000、3点・¥14,000
    • 60号〜150号
      :1点・¥8,000、2点・¥11,000、3点・¥14,000
    • 半切〜全紙
      :1点・¥8,000、2点・¥11,000、3点・¥14,000
  • 写真
    • 半切〜全紙
      :1点・¥8,000、2点・¥11,000、3点・¥14,000
  • 彫刻
    • 等身大まで
      :1点・¥8,000、2点・¥11,000、3点・¥14,000
  • 工芸
    • 額装100号まで/置物120cm四方まで
      :1点・¥8,000、2点・¥11,000、3点・¥14,000
  • 現代アート
    • 1点・¥8,000、2点・¥11,000、3点・¥14,000
学生・中高生
  • 大学生
    • 10号〜150号
      :1点・¥5,000、2点・¥8,000
  • 中学・高校
    • 10号〜150号
      :1点・¥3,000、2点・¥5,000

小学生以下、70歳以上無料

※額装・ケースのガラス不可、アクリル可。20号以下の小品は、小品コーナーに展示。
※彫刻・工芸の応募用紙には必ず作品写真を送付する。

新日本美術院大賞・準大賞/自由民主党総裁賞/文部科学大臣賞/外務大臣賞/環境大臣賞/衆議院議長賞参議銀議長賞/東京都知事賞/東京都議会議長賞/総裁賞/国際大賞/中華民共和国駐日本大使館文化部賞/在日トルクメニスタン大使館賞/毎日新聞社賞/北國新聞社賞/神奈川新聞社賞/美術評論家大賞/最高顧問賞/一般社団法人日本文化振興会会長賞・理事長賞/一般社団法人横浜丘の上美術館賞/(社)韓国芸術作家協会賞/韓国心美会賞 等多数予定(申請中含む)

応募先

一般社団法人 新日本美術院 事務局

〒104-0061 東京都中央区銀座1-13-12 銀友ビル8階
Tel:03-6364-4377(代)
Fax:03-6364-4379
URL:http://shininten.jp/
E-mail:jimukyoku@shininten.jp

主催団体

一般社団法人 新日本美術院

公式ホームページ