黄金町バザール2021 作品プラン募集

第14回を迎える黄金町バザールは、「サイドバイサイドの作り方」をテーマとし、2021年10月1日(金)から10月31日(日)まで開催します。
このテーマに基づいた作品プランを4月26日(月)から5月31日(月)まで募集します。

黄金町バザールは、2008年まちなかに展開するアートイベントとして始め、その後毎年開催しています。
参加アーティストは⻩⾦町エリアで滞在制作を⾏い、その成果を発表します。
滞在期間中、アーティストは地域や他のアーティストとの交流を持ちながら制作活動に取り組むことになります。
今年の黄金町バザールは公募で選考されたアーティストのほか、黄金町の長期レジデンスアーティストと交換プログラム団体からの推薦を受けて、ディレクターが選出したアーティストが参加する予定です。

アーティストのみなさんのたくさんの応募をお待ちしています。

応募締め切り

2021年5月31日(月) 必着
※日本時間の23:59まで

概要

開催概要

  • 〔タイトル〕
    ⻩⾦町バザール2021−サイドバイサイドの作り⽅
  • 〔会期〕
    2021年10⽉1⽇(⾦)〜10⽉31⽇(⽇)【計27⽇間】
  • 〔休場⽇〕
    ⽉曜⽇
  • 〔会場〕
    京急線「⽇ノ出町駅」・「⻩⾦町駅」間の⾼架下スタジオ、周辺のスタジオ、地域商店、屋外空地、他
  • 〔主催〕
    特定⾮営利活動法⼈⻩⾦町エリアマネジメントセンター、
    初⻩・⽇ノ出町環境浄化推進協議会

募集内容

今回のテーマ「サイドバイサイドの作り方」を基に展開される作品およびプロジェクトのプランを募集します。
今回のテーマを様々な視点で解釈し、共に考え、可能性を拡張できるプランを募集します。

ジャンルの指定は特にありませんが、主催者が提供する場所を有効に活⽤し、会期中を通じて公開可能なプランであることが応募条件となります。

なお、提出するプランは未発表でオリジナルなものに限ります。
滞在制作による新作の発表が条件となりますが、近距離在住の場合はその限りではありま せん。

※状況によっては実際のレジデンスではなく、リモートによる制作になることも予想されます。その場合、状況に応じて採択予定のみなさんと協議の上、採否と作品の内容等について再調整いたします。

主催団体

特定非営利活動法人 黄金町エリアマネジメントセンター

公式ホームページ