第23回雪梁舎フィレンツェ賞展

ルネッサンス文化発祥の地、フィレンツェは、世界的な芸術の都です。

このたび、日本国内において活躍しておられる、若い精鋭作家の発掘を目的として、「フィレンツェ賞展」を開催いたします。
フィレンツェ滞在を通して、創作活動を支援し、21世紀の芸術文化の振興と、芸術家の育成を図ることを目指して作品を募集いたします。

「フィレンツェ賞展」 は、雪梁舎美術館の設立者であり、株式会社コメリの創業者でもある捧賢ーが発案し、1999年から開始したものです。
第21回展よりこれを顕彰し、新たに「ファウンダー捧賢ー賞」を設けました。

応募締め切り

2021年4月1日(木)~6月1日(火)必着

概要

展覧会

  • 【新潟】
    雪梁舎美術館
    2021年8月7日(土)~9月26日(日)
  • 【東京】
    東京都美術館
    2021年10月24日(日)~30日(土)

※両会場とも全入賞・入選作品を展示します。

応募資格

  • 50歳以下(1970年1月1日以降生まれ)の具象系。
  • 日本国内在住。

※年齢を確認できる証明書等のコピーを添付していただきます。

申込期間

2021年4月1日(木)~6月1日(火)必着

作品規格

  • 絵画(公募展等に未発表作品)。
  • S100号サイズ(162.1cm×162.1cm)以内。
  • 壁面に展示可能なもの。
  • 作品保護のため、額(ガラスは不可、水彩・版画作品についてはアクリルに限り可)または仮額(画面より高さのあるもの)を必ず付けてください。
    ただし、制作意図を妨げる場合は、展覧会の際に取り外すことができます。

審査員

  • ミリアン・ペルテガト (国立フィレンツェ美術アカデミア助教授)
  • 土方 明司(平塚市美術館館長代理/武蔵野美術大学客員教授)
  • 真室 佳武(東京都美術館館長)
  • 柳原 正樹(京都国立近代美術館館長)
  • 捧 実穂 (雪梁舎美術館理事長/学芸員)

フィレンツェ大賞(1点)

3ヶ月間のフィレンツェ市での制作活動を支援。
国立フィレンツェ美術アカデミアでの特別聴講が可能。 (渡航費・宿泊費・食費支給)

※国内外の情勢を考慮し、渡航時期等は応相談。
※作品は帰属

フィレンツェ美術アカデミア賞(1点)

1ヶ月間のフィレンツェ市での制作活動を支援。
国立フィレンツェ美術アカデミアの特別聴講が可能。 (渡航費・宿泊費・食費支給)

※国内外の情勢を考慮し、渡航時期等は応相談。
※作品は帰属

ファウンダー捧賢一賞(1点)

賞金50万円
※作品は帰属

優秀賞(2点)

賞金30万円

その他

  • 佳作(10点程度) 
  • 入選
  • オーディエンス賞(1点)

※賞の内容、点数及び賞金額は変更となる場合があります。

出品料

1点 5,000円  2点 10,000円

主催団体

主催

公益財団法人 雪梁舎美術館

協賛

株式会社 コメリ

協力

国立フィレンツェ美術アカデミア

後援

在日イタリア大使館、イタリア文化会館、新潟県、新潟市、新潟日報社、朝日新聞新潟総局、読売新聞新潟支局、毎日新聞新潟支局、日本経済新聞社新潟支局、産経新聞新潟支局、NHK新潟放送局、BSN新潟放送、 NST新潟総合テレビ、TeNYテレビ新潟、UX新潟テレビ21、エフエムラジオ新潟

公式ホームページ