明日をひらく絵画 第39回上野の森美術館大賞展

上野の森美術館では、将来の日本の美術界をになう、個性豊かな作家を顕彰助成する「上野の森美術館絵画大賞」を昭和58年に制定し、以来毎年作品の公募を行っています。

日本画・油絵・水彩・アクリル・版画などの素材の違いや、具象・抽象にかかわらず、既成の美術団体の枠を越え、21世紀にふさわしい清新な絵画作品を公募し、日本の美術界をになう有望な作家の積極的な参加を期待します。

応募された作品は厳正な審査を行い、絵画大賞、優秀賞を選出します。選出された入賞作家には、作家活動奨励のため、上野の森美術館ギャラリーにおいて翌年に入賞者展、絵画大賞受賞者は翌々年に個展開催の機会をそれぞれ設けています。

応募締め切り

業者搬入:2021年2月23日(火)
個人搬入:2021年2月24日(水)、25日(木)

概要

作品内容

日本画、油絵、水彩画、アクリル画、版画などの絵画作品。
過去2年間に制作されたもので、公募展などに未発表のもの。

*公募展などで入選した作品は受付ません。
*卒業・修了制作展及び学内発表、個展・グループ展に出品した作品は可(受賞作品は除く)。
*写真、コンピュータグラフィックス(CG)、切り絵、押し花、ちぎり絵などの手描きされた部分のない作品は出品不可。

作品サイズ

  • M50号(116.7×72.7cm)以上、S100号(162.1×162.1cm)以下。
  • 版画は162.1×162.1cm以内で下限なし。
  • 厚み(奥行き)は20cm以内。
  • 定型サイズではない場合、作品の面積が8.484cm²以上26.276cm²以下で、一辺の長さが170cm以内であれば可。

*水彩画、版画などでマットを使用する場合は、マットを含めて162.1×162.1cm以内(マットは作品サイズに含まれません)。

その他

  • 作品保護のため仮縁(額)を使用すること。
    • 仮縁(額)の幅は5cm以内
    • 仮縁(額)の厚み(奥行き)は20cm以内
  • 作品の重さは仮縁(額)を含めて20kg以内。

*ガラスを使用した作品、ガラス入りの仮縁(額)は受付できません(アクリル板は可)。

出品点数

1人 3点まで

出品料

  • 1点 15,000円 2点 20,000円 3点 25,000円
  • 30歳以下割引:
    1点 10,000円 2点 15,000円 3点 20,000円

審査

出品作品は審査をおこない、入選作品を選出します。
さらにその中から優秀な作品には、賞を贈ります。

入選の発表

3月8日(月)に上野の森美術館ホームページにて入選者の発表をいたします。
(審査結果は、郵送にてお知らせいたします)

  • 上野の森美術館絵画大賞 1点
    • 賞状と賞金 (150万円) + 個展 + 受賞者によるグループ展
  • 優秀賞 数点
    • 賞状と賞金 (50万円) + 受賞者によるグループ展

*受賞作品は上野の森美術館が上記賞金で買い上げます(仮縁・額含む)。
*受賞者による入賞者展を受賞の翌年(2022年)に開催し、絵画大賞受賞者の個展を受賞の翌々年(2023年)に開催します。

主催団体

日本美術協会 上野の森美術館、彫刻の森美術館、フジサンケイグループ

公式ホームページ