第53回スペイン美術賞展 2021

毎年世界各地に会場を移し、現地と高質な文化交流を継承する「欧美国際公募 美術賞展」。
来年2021年は、スペイン カンタブリア州コミージャス市にて「スペイン美術賞展」として開催されます。

カンタブリア海に面したコミージャス市は、国内外からも人気のリゾート地。
スペインが誇る天才建築家“ガウディ”ゆかりの地としても知られており、市内ではガウディの初期作品に出会えます。同市での開催は、2008年以来13年ぶり、2回目となります。
展覧会場の歴史的文化施設エル・エスポロンは、2009年からはじまった大規模リノベーションを経て最新の文化施設へと生まれ変わりました。
市民からこよなく愛される憩いの場が、日本の皆さまの作品群を迎えます。

応募締め切り

応募締切

2020年12月23日(水)

作品搬入

2021年1月7日(木)、8日(金)、9日(土)の3日間

概要

  • 【開催地】
    • スペイン王国 カンタブリア州コミージャス市
  • 【開催概要】
    • 2021年5月〜6月(2週間程度を予定)
  • 【会場】
    • エル・エスポロン文化センター 他(予定)
  • 【応募資格】
    • 性別・国籍・流派・プロ・アマ問わずどなたでも応募可
  • 【応募作品】
    • 1人2点まで。テーマは自由。抽象・具象不問。
      ※開催地スペイン未発表の作品に限る
  • 【応募種別】
    • 油彩・アクリル・テンペラ・水彩・日本画・水墨・墨象・前衛書・版画・染色・木彫・工芸一般・手工芸・CG・写真・その他
      ※海外輸送に耐えうる作品に限ります
  • 【応募規格】
    • 平面作品では40号まで(50号は追加料金有、40Sは不可)
    • 軸作品・立体ともに規定サイズ内の作品は応募可
      ※詳細は規約参照
  • 【応募方法】
    • 公式ホームページより規約を請求いただき、ご応募ください

主催団体

欧州美術クラブ

公式ホームページ