「ドローイングとは何か」展

「ドローイング」とは本来、絵の具で面を塗る(peinture)とは対照的な画法で線画、線描画(drawing)を意味します。

ペン、ボールペン、鉛筆、木炭、墨等の線によって描かれるドローイングという表現領域の新たな可能性を探り、優れたドローイング作品を見出すことを目的とした全国公募展です。

応募締め切り

2020年10月21日(水)必着(事務局へ持ち込みは午後7時まで)

概要

応募資格

年齢、国籍、経歴不問

作品規定

  1. 具象・抽象を問わず
  2. 線描・線画・細密画による作品(鉛筆、ペン、ボールペン、墨、木炭、その他)
  3. 約50号(約116×91cm)以内の平面作品
  4. 他の公募展等で入賞入選をしていない作品
  5. 応募点数:1人3点まで

応募料

5,000円(1点)、 8,000円(2点)、 10,000円(3点)

  • 振込手数料は各自ご負担ください。
  • 出品料の返金は原則として受付けておりません。
  • 現金書留による送金、または事務局へのお持ち込みも受付けます。
  • 払込期限・・・2020年10月21日(水)(持ち込みは10月21日(水)19時まで)

審査員

  • 金澤 毅(美術評論家)
  • 中林忠良(版画家・東京藝術大学名誉教授)
  • 木下 晋(美術家)

  • 大賞…1点(副賞10万円および実行委員会主催の個展開催(於:ギャルリ―志門/銀 座)、第10回「ドローイングとは何か」展招待出品(於:東京都美術館)
  • 準大賞…2点(副賞3万円および実行委員会主催の二人展開催)
  • 奨励賞…3点(賞状、入賞・入選作品展出品・カタログ掲載)
  • 入選…約35点(入賞・入選作品展出品・カタログ掲載)

展覧会

展覧会名:第9回「ドローイングとは何か」入賞・入選作品展
会期…2021年1月19日(火)-1月26日(火)
会場…東京都美術館
主催…「ドローイングとは何か」展開催実行委員会

※ゲスト作家5名および過去大賞受賞作家8名の新作を同時展示。
※ゲスト作家 : 木下 晋、高木公史、箕輪千絵子、 三浦明範、 山田彩加

応募の流れ

応募申込

第1次審査通知受取

第1次通過者、作品搬入

第2次審査・受賞者発表

展覧会

返却

応募方法

【第1次審査】

下記書類を事務局に郵送して下さい。(持込可)

  1. 作品応募申込書(必要事項をご記入ください。)
  2. 振り込み受領書のコピー(作品応募申込書①に貼り付けてください。)
  3. 作品の写真(A4サイズ)(写真の裏に作品票を貼り付けてください。)
    ※全体図のほかに作品部分の拡大写真の添付も可。
  4. 1次審査通知書(作品応募申込書①から切り取り63円切手を貼って下さい。)
  5. 簡単なプロフィール(別紙にて各自ご用意ください。A4サイズ)

応募先…〒104-0061 東京都中央区銀座6-13-7 新保ビル3F
「ドローイングとは何か」展開催実行委員会事務局

応募締切…2020年10月21日(水)必着 (持ち込みは午後7時まで)
審査結果…郵送にて通知(入選者には事務局から直接連絡します。)

※応募資料の返却は受け付けておりません。予めご了承ください。

【第2次審査】

1次審査を通過した入選作家は、期限までに事務局宛てに作品を搬入して下さい。

作品搬入期限…2020年10月31日(土)必着

  • 作品保護のため額装、またはパネル、吊具付き等、壁面展示が可能な状態で搬入してください。額装が間に合わない方は仮額にて搬入。
    12月10日(木)頃までに本額を、展示できる状態にして事務局までお送りください。
    仮額は着払いにて返送します。パネルは基本的に額装不要。
  • 仮額も本額もガラス不可。
  • 応募者本人または代理人による直接または運送による搬出入。
  • 作品は2021年1月19日(火)開催の入賞入選作品展までお預かりします。

主催団体

「ドローイングとは何か」展開催実行委員会

公式ホームページ