ジャパン・フェスティバル・ベルリン 2020 ジクレー版画展

ドイツのベルリン市で1月に行われる日本特集見本市に、当グループがスペースを確保し、主に絵画類を展示販売します。

プリントアート(版画)をドイツで刷りますので、あらゆる作品がサイズや貴重度などの制約なく出せます。
また作品の梱包や輸送が不要で手軽です。

東京オリンピックの年初めなので、話題になりやすいと予想しています。

応募締め切り

2019年12月10日(最終)
※公式サイトからメールにてお申し込みください

編集、見直し、出力(現地外注)に日数がかかります。お申込み順の優先になります。
例年、晩秋が近づくと編集作業が混みます。駆け込みだと時間不足になりますので、お早めの着手を。
またアート・マネージメント・システムのオプションも、お早めほど時間が多く使えて有利です。

概要

欧米式の展覧会なので、当落のないアートフェア形式をとり、順位をつけない展示販売です。
欧州には購入目当てのお客が多く、コレクターも偵察に来ています。
売れるように簡単なガイダンスも含みますので、十分に時間をかけられるようお早いご相談を。

ジクレーとは

インク吹付プリンターで刷った版画美術です。英語でプリントアート。
どんな作品でも版画にでき、出品の障壁がありません。
大型、重い、壊れる、高価、貴重、門外不出、売却済み、非売品でも出品できます。
原画はお手元に温存され、減りません。

Japan Festival Berlin とは

ジャパン・フェスティバル・ベルリンは、ドイツの日本見本市・物産展です。

サブカルチャーやアニメ、コスプレが欧州で人気となり、そこから火がついて美術系が加わったもの。毎年の開催が安定してきました。
日本だけの特集なので、作品がよく目立ち買い手もつきやすくなっています。

「芸術の階」(Japan Exclusive)が用意されます。
主催者はドイツで日本の有形無形文化を紹介し、様々な日本製品も販売しています

主催団体

ギャラリー日独物語

公式ホームページ