富山デザインコンペティション2020

富山デザインコンペティションは、1994年(平成6年)に全国初の「商品化」を前提としたデザインコンペとしてスタートし、これまで多くのヒット商品を生み出してきました。
(コンペから35点以上を商品化)

2020年は、よりリアリティあるデザインプロジェクトを創出する試みとして、「企業が抱える3つの課題」を募集テーマに設定。
新たに「デザインメンタリング」を導入し、ファイナリスト(1次審査通過者)を富山県に招聘し、最終審査前にデザインメンターや企業と交流することで、リアリティのあるデザイン提案に導く試みも実施します。

これからも富山デザインコンペティションは、入賞者と企業の「出会いの場」を創出し、商品化、プロジェクト化に向けた取り組みを実践します。

応募締め切り

2020年8月31日(月)午後5時

概要

■テーマ

リアリティあるデザインプロジェクトの創出をめざし、「県内企業が抱える3つの課題」を募集テーマに設定

  • テーマA
    「化学強化ガラス」の新しい展開/三芝硝材株式会社
  • テーマB
    色を着ける/株式会社タカタレムノス
  • テーマC
    「かたづける」をデザインする/株式会社リッチェル

■応募対象

  • 商品(モノのデザイン):
    量産可能なプロダクト製品

または

  • プロジェクトプラン(コトのデザイン):
    近い将来に実現可能と予想されるプロジェクトのプランニング

※作品は国内外で未発表のものに限ります。

■賞と副賞

  • グランプリ 1点(副賞50万円)
  • 準グランプリ 1点(副賞30万円)
  • 審査員特別賞 1点(副賞10万円)

■登録料

無料

■応募資格

個人・グループ、団体あるいは企業であって、年齢、職業、国籍は問いません。

ファイナリスト(1次審査通過者)となった場合、富山県で開催する最終審査に必ず出席できる方とします。(最終審査の開催日はスケジュールのとおり)

※ファイナリストの国内の交通費、宿泊費は、主催者が負担します。
(海外旅費は負担できません。グループの場合は、最大1名までを負担します。)

■ご注意

応募登録・詳細は、富山デザインコンペティションのウェブページをご覧ください。

主催団体

デザインウエーブ開催委員会( 富山県、富山市、高岡市)

公式ホームページ