2020年度二国間交流事業プログラム

トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)のレジデンスプログラム「2020年度二国間交流事業プログラム」の募集を開始します。

海外の都市や芸術文化機関と提携し、各分野で活躍するクリエーターの育成・支援ならびに各都市と東京間の国際文化交流を促進するため、相互にクリエーターを派遣・招聘するプログラムです。
2020年度は、世界7都市で約3~6ヶ月間の滞在制作を行う派遣クリエーターを募集します。

応募締め切り

2019/10/31

概要

【サポート内容】

  1. 渡航費
  2. 活動支援金
  3. 滞在費
  4. 住居及び制作スタジオ
  5. 滞在中のイベントプログラムに関わる広報

※<ベルリン>(助成なし)は、4. 住居及び制作スタジオ、5. 滞在中のイベントプログラムに関わる広報のみとする。

【派遣先の都市/募集内容 一覧】

1) バーゼル

2a) ベルリン(助成あり)

2b) ベルリン(助成なし)

3) 台北

4) ヘルシンキ

5) ケベック

6) エディンバラ

7) ブリュッセル

【応募方法】

各都市の「応募要項」の内容を確認の上、https://www.tokyoartsandspace.jp/archive/application/2019/20190919-218.htmlから「アプリケーションパッケージ」をダウンロードし、応募書類を送付してください。

具体的な応募方法については、「応募要項」をご確認ください。

※複数プログラム、複数都市、ベルリン(助成あり)、ベルリン(助成なし)への同時応募も可能です。
その場合は、該当するアプリケーションフォームをすべて作成し、一緒にお送りください。

【お問い合わせ】

TOKASウェブ上に掲載されているFAQ以外のお問合わせについては、2019年10月8日(火)までに下記Emailまでお送りください。
質問への回答は、2019年10月15日(火)以降にFAQに追加し公開します。

※原則として、個別の回答は行っておりません。また、電話でのお問い合わせはご遠慮ください。

連絡先 : contact_residency2019@tokyoartsandspace.jp

主催団体

公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館 トーキョーアーツアンドスペース

公式ホームページ