第70回記念 公募 一線展

一線美術会は、美術の価値を流派の新旧としてとらえず、また具象、非具象を論ぜず、純粋な芸術への方向にむけて、個の創造的な発見を最大に尊重します。一般部門、小品部門にて油彩、水彩、版画等の平面作品を募集します。応募締切は2019年9月30日

第23回 岡本太郎現代芸術賞

「時代を創造する者は誰か」を問う現代美術の登竜門とも称される賞です。応募規程に沿う作品であれば、その形状、技法等はまったく自由。美術のジャンル意識を超え、審査員を驚かす「ベラボーな」作品の応募を期待しています。応募締切は2019年9月15日

若monoデザインコンペティション燕vol.4

学生や若手デザイナーの視点で優れた製品デザインを集め製品化を目指すコンペです。ものづくりのまち「燕の技術」や各企業テーマへの理解を深めるため、8月30日、31日に企業訪問会を予定。こちらもぜひご参加ください。応募締切は2020年1月31日

第25回 絵画コンクール「赤ちゃんを描こう」

医療法人社団レニア会(東京都東久留米市)では、第25回 絵画コンクール「赤ちゃんを描こう」を開催、作品を募集中です。性別、年齢、居住地、プロ・アマ問わず、どなたでも応募可能です。画材・表現方法は自由です。応募締切は2019年9月9日

2019年 第83回 自由美術展 作品公募

平面、立体、版画の3部門で作品を募集します。自由美術賞・靉光賞・平和賞・新人賞・佳作賞を設けており、新人賞は国立新美術館にて特別展示いたします。今回で第83回目と、伝統のある美術展です。応募締切は2019年9月22・23日※委託は9月6日着

第26回美濃和紙あかりアート展

美濃和紙はしなやかさと温かみある手触りで、様々な現代アートに用られています。美濃市では作品を全国から募集し、重要伝統的建造物群保存地区に指定されている『うだつの上がる町並み』を会場として展示、コンテストをします。応募締切は2019年9月3日

第17回 全国ポストカードデザイン大賞

ポストカードサイズの平面作品を募集します。作品のテーマは自由で、手書き、パソコンによるデザイン処理など制作手法も問いません。部門は小学生、中・高校生、一般の3つ。入選作品は大阪市立美術館で展示します。応募締切は2019年9月30日

第68回 こども二科展

半世紀以上の歴史を誇る「こども二科展」では、全国の園児・小中学生から、子どもの感性が光る愛らしい作品や、新鮮な色づかいの作品など、さまざまな個性あふれる作品を募集します。入選作品は阪市立美術館にて展示されます。応募締切は2019年9月26日

公募展 アートギャラリー2019

公益財団法人 城陽市民余暇活動センターでは、平面・立体作品をカテゴリーとする美術公募展「アートギャラリー2019」を開催、中学生を除いた15歳以上の方を対象に作品を募集中です。居住地問わず誰でも応募可能です。応募締切は2019年9月8日

ギャラリー美の舎 学生選抜展2019

自由な視点で何物にも囚われず未来に向けて作品を制作する皆様に、発表の場を提供したいという思いからギャラリー美の舎は開廊しました。学生選抜展では学生/30歳まででプロを目指す方を対象に平面・立体作品を募集します。応募締切は2019年8月31日

第16回千修イラストレーションコンテスト

株式会社 千修がLOHASをテーマに作品を募集します。ロハスとは「健康と環境に配慮した生活」、私たちの普段の生活がよりよく、美しくなることです。このコンテストではロハスを感じられる作品を広く募集いたします。応募締切は2019年8月31日

岩国ビエンナーレ2019 錦の宴

岩国の大きな魅力の一つ「酒」を通して、日頃アートに親しむ機会がない人にも楽しんでもらえることを目的とします。「酒」をテーマに、一般家庭でも飾れるような親しみやすい小作品をお待ちしています。応募締切は2019年7月31日※9月20日作品必着

第12回 秀彩展

日本画、油彩、水彩、パステル、版画等ジャンルは問わず、平面作品を募集します。人物・風景・静物など、対象も自由。小作品も応募できますので、大作に慣れていらっしゃらない方も、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。応募締切は2019年11月14日

パリ国際サロン ドローイング・版画コンクール

パリ国際サロン内ドローイング・コンクール部門は、初めての作家様もご応募が可能な公募コンクールです。3㎜までの厚さの中で芸術を競う、国際プロ画壇への登竜門的コンクールとして、初めての方へ特にお勧めしています。応募締切は2019年9月13日