第21回日本・フランス現代美術世界展

“日本に居ながらにしての国際公募展”。

諸外国の作家からも開催への賛同が深まり、日本作家との共演を希望する海外作家が年々増加。
サロン・ドトーヌ、ル・サロン等フランス画壇の第一線で活躍する重鎮海外作家ら新作を100点に増幅し、募集においてもこれまでの油彩から工芸等の主要種別に加え、写真、デジタルアート、建築ならびにプロダクトデザインなど幅広い分野の作品を募集。

2020年8月、オリンピックで世界中から人々が東京へ訪れるこのタイミングに国立新美術館3A室会場が今までの2倍にあたる3B展示室をプラスし、大きな一歩を踏み出します!
既成概念に捕らわれない多種多彩な作品を募集します。

★日本・フランス現代美術世界展の特徴★

  • 特徴1:東京での国際展だから直接観に行ける
  • 特徴2:公募展だから誰でも応募出来る
  • 特徴3:寸評会やレセプションで直に文化交流出来る

国際展に初めて参加される方に人気の公募展です。

応募締め切り

2020年5月11日(月)

概要

■応募資格

不問、どなたでも応募可。性別・年齢・国籍・流派・プロ・アマ問わず。

■応募作品

国内未発表作品 1人2点まで

■テーマ

自由。 抽象・具象不問。

■種別

油彩、アクリル、テンペラ、水彩、パステル、日本画、木炭、鉛筆、切り絵、水墨、墨象、書、前衛書、陶磁、金工、染織、織り、着物、漆、人形、木竹工、ガラス、プラスチック、クラフト、手工芸、ちぎり絵、テキスタイル、タペストリー、版画、エッチング、写真、CG、建築デザイン、プロダクトデザイン、家具、照明、ファブリック、各種テクスチャー など

■規格

  • 平面は最大40号Fまで(最小サイズの規定なし)
  • 軸は軸装の外形が 高さ190cm × 幅100cm以内
  • 立体は3辺の合計が120cm以内(幅・奥行・高さの合計)
  • 重さ6kg以内

※その他は規約を参照

■審査料

¥20,000 応募2点まで一律 (1点でも2点応募でも)入選後出品料がかかります。

■搬入期間

2020年5月12日(火)・13日(水)・14日(木)の3日間のみ(株)東美まで

主催団体

JIAS日本国際美術家協会

公式ホームページ